代表から皆さまへ(ご挨拶 / 定期便 2)
みなさん、こんにちは。Oi, Tudo bem?

ラキネットは2006年10月6日に発足しましたので、今日の時点でほぼ6カ月間を歩んできたことになります。この間、みなさんから多大の関心やご意見を寄せていただきました。ありがとうございます。

この6カ月間に次のような活動が行われました。「会報ラキ・ネットだより第一号」発行(06年12月8日)、シゲ(中ノ瀬重之)神父懇談会(12月19日)、小井沼眞樹子宣教師ブラジル報告会(07年1月8日)、この他、世話人会がほぼ毎月行われました。2月・3月は多忙な年度末の時期に入ったことで企画はとくにありませんでした。

なお、シゲ神父懇談会は、ブラジルからの来日中の集会でしたが、急な実現だったため大半が世話人の会でした。その懇談の内容やブラジル報告会の内容は、近々に「ラキ・ネットだより第二号」でお知らせします。

さて、新年度を迎えてラキ世話人会は、新しい取り組みを会員のみなさんに提案して活動を進めたいと考えています。
その第一はブラジルで盛んに取り組まれている「聖書読書運動」の日本での紹介です。ブラジルでは多くの民衆がともに聖書を読むグループを結成して活動することで、生き生きとした変化が教会と社会にもたらされています。どのように聖書は読まれ人々を勇気付けているのでしょうか。その息吹きと内容を紹介することに取り組みます。そのための各種の研修会などを企画してみるつもりです。

第二はラキの出版活動です。聖書学習運動のテキストやラテンアメリカからのキリスト者の声を多くの方にいつでも読める形で提供することを願っています。そのためにラキ独自の出版活動に積極的に取り組みます。

第三はラキの会員の輪を広げることです。その際、広く全国のみなさんにラキの声をとどけていきたいと思います。このホームページの充実もあらためて取り組みます。

以上の具体的な取り組みについては、みなさんに順次お伝えしていきたいと思います。このことについても近刊「ラキだより第二号」をお読みいただければさいわいです。

みなさん、どうぞ4月新年度の新しい出発が好調に進められますように。イースターの喜ばしいメッセージが、お一人おひとりのその歩みを導き励ましますように。


ラキネット世話人代表 大倉一郎
2007/04/08(日)記
このページのトップへ