定額給付金 寄付へのお願い
このページを見て下さった、あなたへ!

既に、皆様一人一人へは定額給付金が支給されようとしていることと存じます。

 この給付金の支給については、「それだけのお金があるなら、困っている人に重点的に配付しては」、という意見が2月ころの世論調査では70〜80%を占め、皆様のうちにもそう思われた方が多いことと存じます。

 ラテンアメリカ・キリスト教ネットは今回の経済不況の中で、「職や食、住まいを奪われた多くの方々」がおられることについて、何か手を差し伸べられることはないかと考え、私たちに支給される給付金の全部または一部を、そのような方々を支援している団体へ寄付するお勧めを、皆様にすることにしました。

 また、今回の不況が全世界的であることを考え、特に「世界の中でいのちの危機に瀕している方々」にも留意して、その援助活動を続けられている団体への寄付も、お勧めしたいと考えています。
 もちろん、私たちが上げた団体は、ほんの一部であり、とても、全体の支援にはならないことは十分に承知しております。
しかし、「大海も水の一滴から」と言う言葉もあります。どうぞ、皆様のご支援をお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【寄付をお願いしたい団体と口座番号】
1)定額給付金による生活困窮者支援基金づくり実行委員会
 説明
  ・神奈川県下の「住民登録」や「外国人登録」からもれた
   方々を支援する団体の基金とします(添付資料参照)

 口座
  郵便口座 00240−2−77683 原田章弘

2)特定非営利活動法人 保見ヶ丘ラテンアメリカセンター
 説明
  ・愛知県豊田市の保見団地(日系ブラジル人など約4000
   人在住)で現在、70〜80%が失業状態の人々を支援し
   ておられます。
   問い合わせ先 代表:野元 弘幸  EZI01434@nifty.ne.jp

 口座
  郵便口座 00890-2-17817
  加入者氏名 特定非営利活動法人保見ヶ丘ラテンアメリカ
        センター

3)国境なき医師団
 説明
  ・国境なき医師団(MSF)は、非営利で国際的な民間の医療・
   人道援助団体です。危機に瀕した人びとへの緊急医療援助
   を主な目的とし、医師、看護師をはじめとする4100人以上
   の海外派遣スタッフが2万2千人の現地スタッフとともに、
   世界62ヵ国で援助活動を行っています(2007年度)。
   1971年にフランスで設立されました。
    http://www.msf.or.jp/index.php

 口座
  郵便振替口座
     加入者名: 特定非営利活動法人国境なき医師団日本
     (トクテイヒエイリカツドウホウジンコッキョウナキ
      イシダンニッポン)
       口座番号: 00190-6-566468

4)非政府組織市民団体 「地に平和」 代表:太田道子
 説明
  ・パレスチナ難民キャンプの一つを対象に民生支援を進めて
   いる団体です。

    口座
     ・三菱東京UFJ銀行 表参道支店
        普通 1268044
        名義 NGO「地に平和」代表 太田道子

     ・郵便振替 00110−0−36926
        加入者名 NGO「地に平和」

5)アハリー・アラブ病院を支援する会

     共同代表 村山盛忠、藤田 進

   住所 169−0051
       東京都新宿区西早稲田2−3−18
     キリスト教事業所連帯合同労働組合気付
   Tel/Fax 03-3207-1273 mail-ayyam-ahli@yahoo.co.jp
 説明
  パレスチナ・ガザ地区の100年の伝統を持つ病院です。
  国連難民救済事業機関(UNRWA)が支援をしていますが、
  今回の戦闘で被害を受けながら避難場所として活動をし
  ました。中東教会協議会が支援し聖公会の運営で、ガザ
  の地域医療になくてはならない存在です。

  口座
    郵便振替 00150−7−601525
      加入者名 アハリー・アラブ病院を支援する会

                          以上



このページのトップへ