チァーゴさんの人生記 -私の生き方と原発- 
 発足当時からラキネットの事務局と会計係を精力的に担っておられる大久保徹夫さんの、感動的な半生記を紹介します。
 一流企業のエリート社員だった彼は、50代後半に、妻が脳挫傷を患い重度障碍者になるという出来事に遭遇。
 そこから彼の人生は180度転換します。
 もともと有していた彼の卓越した専門知識と力量が、より一層、広く人間社会の共通善と平和の実現に活かされるべく導かれていきます。
 この驚くべき人生展開は、彼がまったく無力そのもののいのちに深く結びつけられることから始まりました。
 そこに、いのちの神・解放者の一貫しているみ旨を再発見させられて、心熱くさせられます。
 ぜひ 私の生き方と原発(PDF) を ご一読ください。

このページのトップへ